21/11/19 黄葉見頃の明治神宮外苑いちょう並木を歩く

いつか行きたいと思ってた「明治神宮外苑いちょう並木」

ニュースで今が見頃と伝えていたので思い切って行くことにした

f:id:hthara1005:20211121092014j:image

お昼頃到着したが、すでに多くの人たちで賑わっていた 

色鮮やかなイチョウの葉

一枚の絵を見るようだ

f:id:hthara1005:20211121092040j:image

11月上旬から色づきはじめ、現在7〜8割程度が黄葉している感じ

f:id:hthara1005:20211121092110j:image

例年11月中旬から12月上旬に見頃を迎える

f:id:hthara1005:20211121092201j:image

並木道のイチョウは1908年に現在の明治神宮内の苗床にまいた種子が成長したもの

1923年に樹高6メートルほどに成長した苗木の中から146本を選んで造られた

f:id:hthara1005:20211121092235j:image

青山通りから円周道路までの300mに及ぶ並木道には現在イチョウの木が9m間隔で植えられており、一番背の高い木で28mに達するとのこと

f:id:hthara1005:20211121092358j:image

f:id:hthara1005:20211121092410j:image

f:id:hthara1005:20211121092421j:image

f:id:hthara1005:20211121092429j:image

健康でいること、黄葉を楽しむことが出来ることに感謝しなければと感じました